スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劣等感と自己犠牲

ボランティアは、確かにすばらしい行為なのですが、
斎藤一人さんが言うには、
最近いかにも楽しくなさそう
ボランティアをやっているという人が
増えてきているということです。

これはどうしてかというと、
どこかで劣等感を植え付けられて、
本当はやりたくないけれど、
やらないと自分の価値がない
思い込んでしまっているからなんだそうです。

そうすると、自己犠牲になってしまって
ボランティアをされる側の人間もいい思いをしないという、
誰も幸せになれない状況が生まれかねません。

苦しそうな顔をしながら助けられても、
「まずは自分を助けてあげてよ」ってことになりますからね。
スポンサーサイト
プロフィール

ココロの栄養士

Author:ココロの栄養士
ココロの栄養、足りてますか?

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。